>

立ちくらみを起こさないための予防

動きに気をつける

基本的な予防策としては、ゆっくりと起き上がる、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。
これを習慣化すれば、立ちくらみを起こしにくくなります。
また、起き上がる前に、屈伸運動をしておくのも立ちくらみの予防になります。

水分不足は血液量の低下を招くので、暑い日や乾燥している日ほど水分補給を心掛けます。
同じく、起床時も水分不足になりやすいので、コップ1杯の水を飲んでから立ち上がるようにすると、自律神経の切り替えができて、血圧上昇に繋げやすいです。

同じ姿勢を長時間を続けるのもリスクを高めます。
仕事中でも1時間に1回はストレッチや立ち上がるなど、身体を動かすようにしましょう。

多量の食事の後、運動直後も立ちくらみを起こしやすいので、注意が必要です。


ストレスケアと食事

自律神経の乱れにより、血圧の調整が上手くできなくなることで立ちくらみを起こすことがあるので、ストレスケアにも気を気張りましょう。
充分な休息をとって疲れをとるようにすることも有効ですが、軽い運動や趣味でストレスを発散できる時間を作りましょう。

食事は腹八分目を心掛け、飲酒もほどほどにすることで、リスクを下げることができます。
水分が不足すると貧血とそれからくる立ちくらみが起こりやすいでの、適度に摂取しなくてはいけませんが、水だけでなく、適量の塩分も同時に取り入れましょう。
食事の後は消化のために胃に血液が集まりますので、食後はすぐに立ち上がらずにゆっくりと過ごしましょう。
食後にコーヒーや紅茶、緑茶を飲むと、ゆっくりと過ごせる上、カフェインが血圧を上げてくれます。




この記事をシェアする