立ちくらみの原因は貧血?症状と治療法とは

立ちくらみの症状、原因、治療法

立ちくらみにはどのような症状があるのか

立ちくらみは貧血だからなるとは限りません。 立ちくらみの原因には貧血以外にも血圧も関係しています。 また、若い女性がなりやすいイメージはありますが、高齢者でも悩まされている人も多いです。 立ちくらみの正式名称と共に原因について詳しくご紹介します。

立ちくらみを治すには?

立ちくらみは脳にある血液の不足が根本的な原因でした。 では、立ちくらみを治す事はできるのでしょうか。 血圧の調節には神経が関わっているので、血液の不足が何から持たされているかによって、対処方も変わってきます。 立ちくらみが何かの病から来ている物の場合は医師へ相談しましょう。

立ちくらみを起こさないための予防

立ちくらみの原因には体質的なものや病的なものもありますが、根本的な問題は脳内の血液の不足です。 日常生活のちょっとした行動や生活習慣に気をつければ立ちくらみを予防することができます。 立ちくらみによる転倒などを予防するためのポイントについてご紹介します。

立ちくらみの原因は貧血とは限らない

立ちくらみを1度は経験したことはあると思います。
目の前が暗くなって、平衡感覚がなくなって、倒れてしまう人もいます。
立ちくらみ自体は怪我や痛みを伴うことはありませんが、転倒し、その際に地面や設置物にぶつけ、怪我をすることはあります。

立ちくらみは軽症なら少しふらつくぐらい済みますが、それで済まない場合もあります。
立ちくらみにある症状として、めまい、言語障害、首肩や腰の痛み、混乱、気が遠くなる、視力障害、まれに転倒や失神、痙攣も現れます。

立ちくらみは人間が活動する中で、ある時に身体が起こす反応なので、1度2度起きたからといって病院に行く必要はありませんが、あまりにも 頻繁に起こると心配になりますよね。

もしも医師に相談した時は何科にいけばいいのでしょうか。
まずはかかりつけの内科に相談するのがお勧めです。
血液検査などをし、あなたの立ちくらみが危険なものかどうかを判断してくれ、必要なら大きな病院を紹介してくれます。
血液検査をすれば、立ちくらみを頻繁に引き起こす原因がわかりますので、立ちくらみを治す対策が立てられます。

次の候補が耳鼻科です。
メニエール病という、耳の内部に水泡状のものができ、神経を圧迫することで、聴覚に関する箇所以外も含めた身体中に不快症状を引き起こす病があるのですが、この病の症状の1つに回転性めまいがあります。

最後に脳神経外科です。
後ほどにも紹介しますが、脳の病気が立ちくらみを引き起こすことがあります。
脳神経外科ではMRIやCTの検査をしてもらえます。



おすすめリンク

稲城エリアのおすすめ歯科のチェックポイント!

稲城エリアの歯科でもインプラントが受けられる?基本料金と治療プロセスの注意点をビギナー向けに説明

全身脱毛も銀座がおすすめ!クリニック選びのポイントは?

全身脱毛は銀座でも受けられる!銀座ならではの特徴とおすすめのクリニックを全国と比較!

池袋で有名な矯正歯科はどこか

昔から有名なところは安心感も高いもの。池袋の矯正歯科で有名な医院を調査しています。

札幌にある実績豊富な心理カウンセリング

札幌で心のカウンセリングを受けられる相談所!実績豊富な心理カウンセラーが在籍しているので安心。